おすすめの掃除機キャニスター型限定人気ランキング2017〜2018〜やメーカー別製品価格他

発行者 ジョージがお届けします。

キャニスター掃除機最新人気ランキングがわかる!メーカーや価格比較・口コミ他

常に最新のキャニスター掃除機の人気ランキング

なら、今売れ筋のキャニスター
掃除機の提供ショップや、

価格の比較が一目瞭然です!

キャニスター掃除機ダイソン・ Hitachi ・東芝
※キャニスター型掃除機でも色々なメーカーや種類があります

その前に、、

このページではランキング情報の他に、

キャニスター掃除機のおすすめメーカー

を中心に、

  • 種類や選び方
  • 他の掃除機との比較
  • 口コミ・体験談
  • 売れ筋メーカー
  • ランキング上位一押し

などや特徴から比較できるよう
様々な情報をご紹介しています。

キャニスター掃除機選びに役立つ
情報をお届けしていますので、

ぜひ最後まで順に読んで見てください!

そうすれば失敗のないキャニスター
掃除機選びができるはずです。

(ランキングの入り口は解説の後にあります。)


すぐに人気ランキングを見たい方はこちらから↓

キャニスター掃除機の最新の売れ筋ランキング!!

キャニスター掃除機の種類・選び方・価格の解説

まずはキャニスター掃除機の
基本的な情報から解説します。

キャニスター掃除機って?


英語でキャニスター (canister)とは、

「紅茶やコーヒー、タバコなどを保存する防湿用の蓋付き容器」

を意味します。

しかし日本では、「キャニスター型掃除機」
という名称があり、

家庭などの一般的な掃除機で、
車輪がついた本体と吸引ノズルを
ホースで繋いだタイプのもの

という意味で使われています。

初代キャニスター掃除機メーカー「松下電器」

松下電器(現:パナソニック)が、
「床移動型掃除機」を「キャニスター掃除機」
という名称で発売されたのが始まりです。

キャニスター掃除機の種類


大きくは、


  • サイクロン式
  • 紙パック式

の2タイプに分かれます。



さらに、

  • コードレス
  • コード有

の2つにも分けることができます。


ひと昔前の、キャニスター型掃除機
なら「コード有」タイプだけでしたが、

バッテリー駆動のパワーが年々アップし、
キャニスター型のような消費電力が
大きい掃除機でも、

最長約60分程度と割と長時間使える
製品の開発が可能となり、

各メーカーからコードレスキャニスター
が発売されだしてきています。


参考価格


キャニスタ―型(床置き型)の価格は、

  • 型落ちなら5,000〜10,000円
  • 最新型で30,000円台

と幅が広くあります。

また、キャニスタ―型でも紙パック式の方が安く、
サイクロン式の方が高いというのが一般的です。

※ダイソンについてはすべてサイクロン式
のためキャニスタ―式でも30,000円から。


TOPに戻る↑

キャニスター型掃除機の常識を覆す!東芝から最強コードレスキャニスター型が登場!

現在のキャニスター型掃除機は
ほとんどが、

コード有

の掃除機です。

キャニスター型掃除機は吸引力優先でコード有のタイプがほとんど

つまり、「コードレス掃除機」ではないと
いうことですが、

その理由として、

吸引力重視で消費電力が高いのでコンセントからの電源が必要

ということが挙げられます。

消費電力が高いと、コードレスのような
バッテリー掃除機だと、長時間運転が
難しくなり、実用的でなくなります。

しかし!

遂に待ちに待ったというべき、

コードレスで吸引力の高いキャニスター型

が東芝から登場しました!

VC-NX1

コードレス掃除機「東芝VC-NX1シリーズ」

VC-NXS1

コードレス掃除機「東芝VC-NXS1シリーズ」

詳しく解説しているページが
ありますのでぜひ御覧ください!


次→ ・さらにシャープからもコードレスキャニスターサイクロン掃除機が登場!

TOPに戻る↑

シャープのコードレスキャニスターサイクロン掃除機の人気の秘密とは?

シャープコードレスキャニスターサイクロンEC-AS700・EC-AS500-P (ピンク系)-Y (イエロー系)

クリックで拡大↓

コードレスキャニスターサイクロン

世界最軽量(2017年8月)標準質量(本体、バッテリー、ホース、パイプ、吸込口の合計質量) 2.9kg

世界最軽量(2017年8月)標準質量(本体、バッテリー、ホース、パイプ、吸込口の合計質量) 2.9kg

※シャープ公式サイト動画解説





TOPに戻る↑

日立のキャニスターパワーブーストサイクロン掃除機は軽量・吸引力や静音性で◎

  • 軽量
  • 静音性
  • 吸引力

でおすすめできるキャニスター掃除機の
メーカーシリーズ、

それが、

日立の「パワーブーストサイクロン」

です。

日立のキャニスター掃除機パワーブーストサイクロンCV-SA700・CV-SA500・CV-SA300

※CV-SA700・CV-SA500・CV-SA300の3タイプ

(余談ですが、CMには嵐の櫻井君が起用されています^^)

2段ブーストサイクロンの上位機種


日立のキャニスター型サイクロン掃除機
には、2段ブーストサイクロン掃除機
があります。

我が家のクリーナー 日立 サイクロン式 掃除機 2段ブーストサイクロン CV-S150-E3


「パワーブーストサイクロン」はこのシリーズの
上位機種でパワーも高くなっています。

吸引力が強い!


最高吸引仕事率は、420W・410W・400Wと
高い数字です。

※日立の動画↓吸込仕事率420Wの強力な吸引力


吸引力の強さはサイクロン掃除機
の特徴のなせる技と言えます。


CV-SA700は以前のCVSY7000の型番より
25パーセントも「小型化」しているのに、
吸引力はずば抜けて上がっています。

ヘッドが床に吸い付きにくい構造で、お掃除自体も
軽い操作でやりやすいものになっています。

静音性について


運転音が「54〜約49dB」
静音性についても言うことなしです。

 


db(デシベル)の数字の指標

東芝の掃除機公式サイトには、
音の大きさを現している「デシベル」について
こう書いています。

  • 90dB:大声による独唱・騒々しい工場の中
  • 80dB:地下鉄の車内・電車の中
  • 70dB:電話のベル
  • 60dB:騒がしい事務所の中・普通の会話
  • 50dB:普通の事務所
  • 40dB:図書館の中

「54〜約49dB」なら、「普通の事務所の音」
レベルですから、やはり静かですね。

ちなみにサイクロン掃除機で人気の高い
ダイソンは運転音を非公開としていますが、
一般的に最新機種で「65〜70dB程度」
と言われています。

最新機種のCV-SE900・CV-SE300が登場!


現在のパワーブーストサイクロンでは、

CV-SE900・CV-SE300

2つの型番の最新機種が登場しています!

日立のキャニスター掃除機「パワーブーストサイクロンCV-SE900・CV-SE300」

※日立のキャニスター掃除機「パワーブーストサイクロンCV-SE900・CV-SE300」


さらに吸引力アップ!


最高吸引仕事率は、440W・410Wと
以前の型番より高い数字です。

※日立公式動画解説 サイクロン式クリーナー 【CV-SE900】特長


排気がきれいになる構造!



クリックで拡大↓

日立のキャニスター掃除機「パワーブーストサイクロンCV-SE900・CV-SE300がなぜきれいな排気なのか?の仕組み


※日立公式動画解説 きれいな排気しかも省エネ



その他自走性能や軽量について
詳しい内容はこちら↓


価格


以前の型落ちとなる、
CV-SA700・CV-SA500・CV-SA300
はわずかですが販売されています。
(在庫のみ・売り切れの際はご容赦ください)



最新シリーズの価格や最安値については
Yahoo!ショッピングと楽天市場を
比較してみましょう。こちらを参考に
して下さい。↓


TOPに戻る↑

東芝紙パック式キャニスター掃除機VC-PD9の評判の口コミ

東芝紙パック式キャニスター掃除機VC-PD9の評判の口コミ

をお届けするのは、主婦の「マツコ」です!^^

きっかけは掃除機の故障で新しく買い替え


20年来使用していた掃除機から
突然ひどい雑音がするようになり、

吸引力が弱くなってしまいました。

まったく使えないというわけでは
ありませんでしたので、

「捨てるのはもったいない」

と思いつつも、

「でも掃除がはかどらない」

という気持ちの葛藤が3カ月続き、汗

その結果、家族と相談して新しい
掃除機を購入することになりました。

選んだポイントは「吸引力」と「低コスト」


私としては、とにかく吸引力が良く、お掃除が
しっかりできて、それでいてできるだけコストを
抑えたいという気持ちがありました。

こう見えても「すっきり綺麗に掃除したい」
という気持ちが強い方です。

この無理難題?を量販店のスタッフさんに
突き付けた結果、おススメしてくださったのが

「東芝紙パック式キャニスター型掃除機VC-PD9」

でした。

量販店で購入した「東芝紙パック式キャニスター型掃除機VC-PD9」


今回は、この掃除機の特徴や使用感に
ついてご紹介いたします。

仕様・購入状況


この掃除機は、

  • 集じん方式「紙パック」
  • 購入金額 13000円

購入時に私がチェックしたこの掃除機の
特徴として以下の6つがありました。

1、大きさ

本体の寸法が、

幅x高さx奥行が252x214x298mm、

本体の重さが3.2kgという事で、キャニスター型
としてはとても軽くコンパクト感があります。

キャニスター型東芝紙パック式掃除機VC-PD9 幅252x高さ214x奥行き298mm

 


2、ゴミの掻き出し方法

ヘッドがモーター式となっていまして、
クルクルと勢いよく回転して、とても
早くしっかりごみを掻きだして吸い取って
くれます。

クリックで拡大↓

東芝紙パック式キャニスター掃除機VC-PD9 モーター式ヘッドの様子

また「自走式」なので、力を入れて押さ
なくてもスイスイ進んでくれます。

モーター駆動でじゅうたんのゴミも掻きだしながらラクラクお掃除。自走式カーボンヘッド。東芝紙パック式キャニスター掃除機VC-PD9の評判の口コミ

家具の下の狭いすきまにも
入ってくれて、掃除ができます。

お手入れも「脱着式」で割と簡単に
できます。

東芝紙パック式キャニスター掃除機VC-PD9モーターヘッドは取り外し可能でお掃除が楽

 


3、吸引力・集じん方法

容積は1.4Lで、ごみを紙パックに集めます。

東芝紙パック式キャニスター掃除機VC-PD9実際の紙パック

そのため、おそらくサイクロン式掃除機
と比べて、着脱が簡単で捨てるのも
手間いらずです。

東芝紙パック式キャニスター掃除機VC-PD9は紙パック式で脱着も簡単

そして、満杯になるとごみセンサーが点灯
してお知らせしてくれますので、

すぐにわかります。

東芝紙パック式キャニスター掃除機VC-PD9 ゴミが満杯になるとゴミサインのランプが点灯

 


4、消費電力

説明書によると、

「約160W〜約600W」

となっており、他のキャニスター型
掃除機と比べると比較的消費電力量
が少ない数字になっていました。

さらに、

「最大約42%削減できる」

と書かれていた点に大注目!^^

私ではイメージがわかなかったので、
スタッフさんに、

「42%削減の根拠」をお聞きすると、

「消費電力量が最大約42%削減という
数字は、「エコモードを使用」した場合の、
東芝製の他の掃除機との比較の値です。」

と説明してくれました。

なるほど。。家電に詳しくない私でも
スッキリと理解できました!

 


5、騒音値

この機種の運転音(dB)は、

「61〜68dB」

となっています。

この値は、騒音レベルでいうと、

「通常の会話や洗濯機、静かな車程度」

と言われていますが、

実際稼働させてみると「強」の場合、
私は「ガーッ」と響くかなりの大きな
音に感じます。

「弱」やエコモードの場合は、ほどほど
やさしい音になりますので、

「まあどのキャニスター型掃除機でも
こんなものかな。」と思っています。

 


6、「ブラシ用」のスイッチがある

いままでの掃除機には「ブラシ用のスイッチ」
などなく、ブラシを使っての掃除をするにしても、

吸引力の調節は普通のスイッチで
調整していました。

しかし、この掃除機の場合、

ブラシ専用のスイッチ

にすると、「棚などの掃除機」でとても
重宝します。

吸引力を抑え気味に自動調整され、
小物や紙などを吸いつけたときの、

「ガボー吸い込み」(勝手に名前をつけました)

が回避できます。

吸ってほしくないものが「くっつかない」ので、
ほどよくスムーズに簡単にお掃除することが
できます。

「優しくスッキリ」とほこりを吸い取ってくれます。^^

さらに便利なことにこのブラシは、
「グリップの下」についています。

東芝紙パック式キャニスター掃除機VC-PD9 持ち手の下にもブラシ付吸込口がついているので便利

そのため、いちいち付け替えることなく、
パチンとグリップに引っ掛けてワンタッチ
で使えるようになっています。

実際に使用してみてよかった点


まず、ヘッドがモーター式となっているため、
畳、じゅうたん、廊下等性質の違う場所
でもそのままスムーズにお掃除ができる
ところです。

そして、ゴミをローラーでしっかり掻きだし
ながら吸引してくれるので、とてもきれい
になり、綺麗にお掃除できます。

また、掃除機本体がとても軽量で
コンパクトなため、くるくる小回りが
よくきいて狭いところもスムーズに
お掃除ができます。

(余談・・・夢中になって掃除をするタイプなので
荒っぽくなってしまうのか?

本体が軽くフットワークがよいため、たまに
カメがひっくり返ったように本体をひっくり
返してしまいます。)

一番使う調整スイッチは、グリップに
ありますので作業をしながら簡単に
調節ができます。



そのうえ、グリップがとても握りやすい
デザインになっており、手首に負担
がかかりません。

東芝紙パック式キャニスター掃除機VC-PD9グリップが握り安くて手の負担が少ない

東芝紙パック式キャニスター掃除機VC-PD9手首をまっすぐにして使えるグリップは楽に使える

ヘッドは、付け根の部分が自由に動くため、
たとえば「縦にして使いたいところは、

「グリップを少しねじることで縦になる」
というように、グリップと連動しています。

グリップの動かし方に合わせてヘッドが
自由自在に動きますので、隅のごみや
狭いところなどもヘッドが入り掃除ができます。

加えて、前にも書きましたが、グリップの下には
ブラシが備え付けとなっていますので、



いちいち取り付ける手間が省け、スムーズに
掃除ができます。



エコモードでは絨毯の掃除にやや不満


ところで、消費電力量については、先ほど
「エコモードで最大約42%削減できる」と
お伝えしました。

ですので、最初の頃私はどの部屋も
エコモードで掃除をしていました。

しかし、「じゅうたんのごみ」がエコモード
ではとれにくいところありまして、

仕方なく「強」で掃除をすることにしています。

「エコモード」と「強」を比べると、「強」の方が
明らかにじゅうたんのごみがかなりスッキリと
無くなっています。

それが嬉しくて、それ以降ついつい「全部強で・・」
となりがちですが、(不思議と音にも慣れてくる(;^ω^))

再度、「消費電力削減」を考え直して、
「掃除機の機能をよく理解することと
使い方次第」ということを学習して、

廊下や畳などの場所では「エコモード」
にして、電力削減につなげています。

掃除中は夢中になっている私ですが、
できるだけ「エコの気持ち」がどこかに
吹っ飛んでいかないように心がけています。。

☆他の購入者のレビュー
・吸引力がスゴイです。スタッフも掃除機をかけるのが楽しくなってます。

・大満足です! 今までサイクロン式の掃除機を使って今したが、やはりお手入れ簡単な掃紙パック式が良いと思い購入しました。吸引力も強く大満足です。

・自走式で軽々掃除ができて掃除が楽しいです。

・吸引力がすごくて、値段も安かったので満足です!

・ホースが使いやすい。やはり、掃除機のホースもこのぐらいのグレードでないと。

☆ちょっと不満

・音が大きいので星は4つで。

・子供が掃除機の音にビックリして泣き出します。それはそのうち慣れるはず!



紙パック式のリーズナブルな
掃除機としては、おすすめの
東芝製品です!



東芝のキャニスター型掃除機新製品

最近では高機能な新しい東芝の掃除機
も登場しています。

それらと比べてみて、各ユーザーの方に
一番最適な製品を選んでみてください。


総評としては


「東芝紙パック式掃除機VC-PD9」

はとても使い勝手がよく、しっかり働いて
くれますのでありがたいです。

家電においては本当に日本製はいいですね。

今では、なくてはならない存在で
毎日活躍をしています。

ちなみに、以前に使用していた
古い掃除機は車の車内清掃に
使っています。

一応まだ吸引してくれるので、
捨てるのはもったいないですからね(^_-)

新しい掃除機も、やさしく?大切に
使っていきたいと思っています。

TOPに戻る↑

サイクロン型キャニスターと言えばダイソン掃除機!口コミ比較での評判は?

サイクロン掃除機で人気の

ダイソン

はキャニスター掃除機で初めて
サイクロン掃除機を開発した
会社です。

今でもその人気は衰えることは
ありません!

実際に、ダイソンのキャニスター型(ボール)
掃除機を使っているユーザーの口コミを
まとめてご紹介しています。↓


TOPに戻る↑

コードレスキャニスター掃除機のバッテリー。寿命や長持ちさせるコツは?

今回ご紹介した、

シャープのコードレスキャニスターサイクロン
掃除機や東芝のコードレスキャニスター型

など、キャニスター型も「コードレスタイプ」
が多くなっています。

コードレスは「リチウムイオンバッテリー」で
動作しますが、バッテリーの寿命や、
長持ちさせるコツも知っておきましょう。


TOPに戻る↑

最新のキャニスター型掃除機売れ筋ランキング!!で格安ショップをチェック!

こちらから常に最新の

キャニスター型掃除機の売れ筋人気ランキング!!

をご覧いただけます!!



Yahoo!ショッピングと楽天市場
がありますので、

比較しながらお値打ち製品を探してみてください!


TOPに戻る↑

   このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連のページ

コンパクト・小型の掃除機の人気ってどんなタイプ?メーカーやスタイルをチェック!
最近の掃除機は小型化・コンパクトで吸引力が強い製品が登場しています。コードレス・サイクロン・スティック・紙パック・ハンディタイプなど人気のメーカーの型番を調べてみました。
排気がきれい・クリーンな掃除機が欲しい!2つのメーカーに注目
掃除機には排気システムがあり、吸い込んだ空気を必ず排気する必要があります。綺麗な排気なら掃除後のお部屋の空気も汚れにくくなるので健康にも貢献してくれます。
掃除機に空気清浄機が搭載された唯一1つのメーカーは?価格や特徴をチェック!
今やエアコンにも空気清浄機能が搭載される時代。いよいよ掃除機にも空気清浄機が付いた製品が三菱から登場しました。その実力やメリットをご紹介します。
掃除機の自走式って何?モーターヘッドの紙パック式やおすすめメーカーは?
ダイソンのサイクロン式や東芝の紙パック式の掃除機では「ヘッド」がモーターで回り自走します。自走式の仕組みについて詳しく解説します。
紙パック掃除機おすすめや人気ランキング!売れ筋メーカー他
ゴミ捨てが楽なことで人気の掃除機、紙パック式の取材、ランキングを公開。サイクロン・コードレスなど様々な売れ筋おすすめメーカーを見てください!
コードレス掃除機おすすめやランキング!選び方や人気メーカー5社
今なぜコードレス掃除機が売れているの?人気メーカーから続々と登場する新製品のおすすめや実際に使っているコードレス掃除機体験談・レビューなどをご紹介します。
ハンディクリーナー掃除機おすすめ人気4選!コードレス・価格他体験口コミあり!
人気の高いマキタやタイソン他のハンディクリーナーを価格面や購入者レビューなどの角度から取材しました。今の売れ筋わかるランキングもあります。サイクロン・スティック・紙パック・ハンディタイプなど様々なおすすめ掃除機を見てください!
サイクロン掃除機おすすめ・人気6選!コードレス・スティック・キャニスタ―型他体験口コミあり!
人気の高いタイソンや東芝他のサイクロンクリーナーを価格面や購入者レビューなどの角度から比較・取材。日立のサイクロン掃除機の体験談やティッシュを使った簡単お掃除の豆知識も。最新のランキングや紙パック・ハンディタイプなど様々なおすすめ掃除機をチェック!
ロボット掃除機ランキング2018〜2019〜最新おすすめ・人気のメーカーをチェック
掃除機の人気取材、ランキングが公開されています。サイクロン・スティック・紙パック・ハンディタイプなど様々なおすすめ掃除機を見てください!
布団クリーナーのおすすめ・人気・ランキング2018〜2019〜売れ筋最旬情報
人気の布団掃除機が一目瞭然!最新のランキング情報やメーカー別の特徴や価格を徹底調査。布団クリーナーの購入にぜひ参考にしてみましょう。
スティッククリーナー掃除機おすすめコードレス・紙パック他口コミあり!
今やキャニスター型と肩を並べる人気!スティッククリーナー掃除機の解説と、実際に使っているアイリスオーヤマのスティッククリーナー掃除機をご紹介します。
掃除機の種類や特徴・選び方のまとめ
掃除機にもいくつかの種類があります。まずは種類を知って選び方や使い方を考えてみましょう。
掃除機の人気ランキング2018〜2019〜やおすすめ・売れ筋最旬情報
人気の掃除機が一目瞭然!最新のランキング情報やタイプ別の種類情報が満載。掃除機の購入にぜひ参考にしてみましょう。
ダイソン(dyson)掃除機コードレスクリーナーの口コミ
コードレス・ハンディ掃除機の代名詞ともいえるダイソンのハンディクリーナーの体験談・口コミをご紹介します。空前の人気dc62からv8シリーズまで、人気機種が一目でわかります。