皮と革の違いやそれぞれ特徴を理解しよう

発行者 ジョージがお届けします。

皮と革の違い・特徴等についての豆知識

皮と革、違いは有るの?

「かわ」いわゆる皮革(ひかく)の漢字には

皮と革がありますね。

これの違いは何でしょうか?


動物の皮は、柔軟性がありますが、
一旦剥ぎ取ってしまうと、時間とともに
カチカチに硬くなります。

硬くなると製品には使いにくくなります。

ですから「なめし」という加工を施します。


なめした皮の表面
※皮をなめすと柔らかくなる。


これにより、バッグでみるようなあの美しくて
丈夫で柔らかい革が完成します。


お気づきになった方もおられるでしょうが、
ここまでの解説で、革と皮を使い分けました。



皮と革の違いの基準はここで、

一般的に革製品を製造する際には

「なめし」を行っていない間は「皮」
「なめし」を行ったものは「革」

というよに区別されています。


この違い、英語で表現すると

皮は「SKIN スキン」と書き
革は「LEATHER レザー」と書きます。


よくでてくる単語ですね。

ちなみに総称された皮革は


GENUINE LEATHER ジェニュインレザー
と呼びます。

ではさらにこれら皮革の特徴について解説してみます。

TOPに戻る↑

皮革の特徴について

皮革はバッグに限らず、財布や洋服、家具
靴シューズなど様々な分野で使われています。

これほど多くの生活に密着した素材の特徴を
考えてみましょう。


皮革のイメージをしてみましょう。


  • しなやかでいて強靭
  • 見た目は上品、温もりが感じられる
  • 長年使うと、違った味わいが出てくる


などの特徴がありますね。



皮は、もともと動物の皮膚であり、生き物です。

暑さ、寒さなど自然の変化や、傷、衝撃などにも
対応できるため進化してきたものです。



主な動物の皮の構造はこのような感じになります。


皮の断面図
※皮の断面図


表面は表皮があります。
その下に真皮層があります。

真皮層は、大変重要なコラーゲンでできています。
その下の層、皮下層は肉との結合部分です。


動物によって皮革もさまざまで、同じものはありません。
個々に特徴があります。

そして、これらの自然素材は、人工では同じものが
できず、皮革だけにしかない肌触りや、色合い、
美しさがあるといえます。

TOPに戻る↑


皮革の種類について

バッグの素材として使われている
皮革の中で、最もよく使われている
皮革は「牛革」です。

牛革は牛の成長段階によって素材の特徴が
変わってきます。

仔牛革(カーフスキン)・・・生後6か月くらいまでの仔牛の皮。牛革の中でも最高級のもの。キメが細かく、しなやかでキズが少ない。


中牛革(キップスキン)・・・生後約1年以内のもの。カーフよりもキメは粗いが、それだけ厚く強い。カーフに次いで上質となります。


成牛革・・・次の3種類があります。


カウ・ハイド・・・生後2年くらいの雌の牛革。既産したもの。キップより厚くて強い。


ステア・ハイド・・・生後3〜6か月の間に去勢した雄の牛革。さらに生後2年以上経ったもの。革が厚くて強い。全般の革製品としてもっともよく使用されています。


ブル・ハイド・・・生後3年以上の繁殖用の雄の革。大型で粗い組織を持ち丈夫で厚い。



牛以外の他の皮革についてはこちらを参照してください。

・馬革
・ピッグスキン(豚)
・ゴートスキン(山羊)
・シープスキン(羊)
・カンガルースキン
・オーストリッチ(ダチョウ)
・爬虫類(ワニ・トカゲ・ヘビ・カメ)


その他にサメ革やベッカリー(野ブタ)などがあります。


TOPに戻る↑


   このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連のページ

ブライドルレザーについて
バッグや財布、小物や雑貨に使われる皮をなめす技法。タンニンなめしは、自然の素材を使う方法を用いています。
皮革の加工方法や種類について
バッグや財布、小物や雑貨に使われる皮を柔らかックするために行うなめしや染色方法などを解説しています。
皮革製品の仕上げ方法人工・天然皮革について
なめした皮を最終的に仕上げて製品化する方法。天然革と合成皮革、人工皮革の違いについて。