おすすめのシステムキッチンは売れ筋ランキングで探して料理作業を効率化しよう!

発行者 ジョージがお届けします。

システムキッチンの人気ランキング通販の話題や種類

最新のシステムキッチンの人気ランキング
なら今人気のシステムキッチンがすぐに見つかります!

このページでは、

人気ランキング以外にも

  • システムキッチンの基本スタイル
  • システムキッチンのおすすめメーカー
  • システムキッチンのリフォーム無料見積り
  • 工事費込みで激安なシステムキッチン

など、

購入に関してお得、経済的、実用的
なお話もご紹介しています。

こちらの方もじっくり読んでいただくと、
システムキッチン選びのお役に立て
るかと思いますので、

ぜひ最後まで御覧ください。

ここから気になるシステムキッチンの機能や注目の
メーカーなどについて詳しくご紹介します。



システムキッチンの基本スタイル

キッチンをより機能的にリフォームしたい。

家庭で料理をする方ならきっとこんな思いが
ある方も多いのではないでしょうか。

キッチンをより機能的にするためには、
いくつかの基本のスタイルがあります。

システムキッチンを選ぶ前にまずは、
どんなスタイルがあるのかを見てみましょう!


システムキッチンと言うスタイルができた歴史や
調理家電との組み合わせなど、関連した情報を
載せています。

TOPに戻る↑

システムキッチンのおすすめメーカーに注目

当サイトが、独自調査・取材した
システムキッチンの人気おすすめ情報です。

リクシル 「リシェルST」シリーズ

リクシルシステムキッチン 「リシェルST」シリーズ

ハイグレードモデル


リクシルのリシェルSTは、リクシルの
ハイグレードのシステムキッチンであり、

洗練された高級感漂う雰囲気が人気です。

「使い心地抜群」の細かい部分までこだわり
抜いているため最大限の機能性を発揮し、
お手入れも簡単な理想のキッチンです。

そんなリクシル リシェルSTの特徴や
基本仕様など、詳しくご紹介していきます。

※まずはハイグレードの製品から見比べて
いきましょう。

リクシル リシェルSTの特徴


リクシル リシェルSTには、以下のような
素晴らしい特徴があります。

使い勝手が良い3種類のワークトップ

ワークトップには、様々な3つの種類を揃えています。

セラミックトップは、高級感あふれる
セラミック製であり、熱に強く傷に強く
汚れにも強い3つの頼もしさがあります。

今までのキッチンのワークトップには
無かった、上質なキッチンを演出
してくれます。

人造大理石トップは、ホワイトをはじめ
ストーン柄などの10種類のラインナップ
となっています。

人造大理石はシンクにも採用されており、
ワークトップとシンクの2か所の統一感を
発揮させることができます。

バリアコート処理をしているタイプもあり、
こびりついてしまった調味料などの
汚れも簡単に取り除くことができます。

ステンレストップはソフトクラッチとスムース
ドットエンボスの2つの種類から選ぶことができ、
清潔にオシャレに使うことができます。

シンクも3種類の素材から選択可能

シンクの素材は、

  • ステンレス
  • 人造大理石、
  • ハイブリッドクォーツシンク

の3つからお好きな素材を選択することができます。

おなじみのステンレス製は、清潔に使える
定評の定番シンク素材であり、人気のタイプです。

人造大理石はシンクにインテリア性を発揮し、
オシャレな雰囲気をかもしだします。

ハイブリッドクォーツシンクは高級さあふれる
素材であり、セラミックトップと一緒にコーディ
ネイトして使うことで、

高級感あふれる雰囲気の
キッチンとすることができます。

ハイブリッドクォーツシンクは見た目だけでは
なく素材の強さも素晴らしく、誤って高い
位置から物を落としてしまって破損しません。

厄介な液体の汚れが浸透しにくく、
変色や変質が発生してしまうことが
殆どないのも他の素材にはない
大きなメリットといえます、

キャビネットの高品質ステンレスパーツ

ステンレスといえばワークトップやシンクに
使うことは定番ですが、リクシル リシェルSTは
キャビネットや引出しの底板部分にも、
高品質ステンレスを採用しています。

キャビネットや引出しの底部分にステンテスを
使用することで、汚れ防止や錆防止、
ニオイの付着防止とすることができます。

キッチンというのは長年使い続けると
汚れの仕込みや嫌な臭いに悩まされ
てしまうものですが、

そのような悩みはリクシル リシェルSTにはありません。

楽に出し入れできる「らくパッと収納」

フロアキャビネットの収納には、斜めに
小範囲に扉の開閉ができる、「らくパッと収納」
を取り入れています。

小範囲の斜め開閉で開けることができるので、
調理の際によく使う道具の出し入れが簡単です。

小範囲に斜めに開く扉の開閉は、
テコの原理を応用した仕掛で、

てこの原理により、30%減の力で
開け閉めすることができ、

少しの力をかけるだけで簡単に
開け閉めすることができます。

調理中に片手間で開けたい場合
でも、軽く触れるだけで開け閉めが
できます。

取手に工夫が施してあり、取手部分
を広くしています。

握りやすい取手なので、年配の方や
お子様でもどなたでも簡単に開閉
できる扉です。

収納力抜群のフロアキャビネット

フロアキャビネットは収納力抜群の内容
となっており、使いやすさも抜群です。

フロアキャビネットの引き出しは、
奥の奥までくまなく収納できる形と
なっており、収納力抜群です。

また、フロアキャビネットの上部部分は
デッドスペースとなっていることが多く、

その部分に平たい収納を設けることで、
今までのフロアキャビネットの収納力を
より高くしました。

上部の平たい収納なので、調理中に
調理道具を取り出したい際にも楽に
便利に取り出すことができます。

オシャレで使いやすい「ひろまるコンロ」

コンロは、広々設計で使い勝手抜群の
「ひろまるコンロ」を採用しました。

6色のカラフルなカラーラインアップであり、
今までのコンロにはなかったスタイリッシュな
デザイン性を発揮します。

従来のシステムキッチンのコンロよりも
広々としたコンロであり、バーナー同士の
間隔が広くとても使いやすいです。

3口のコンロですが、3口のコンロを同時に
使っても窮屈ではなく、鍋振りもできる
快適な広さとなっています。

また、グリルの排気口がコンパクトなので、
コンロ上での仮置きスペースが広く使い
勝手が良いです。

オススメリクシル リシェルSTの有料オプションの特徴


リクシル リシェルSTのオススメしたい
有料オプションをご紹介いたします。

ハンズフリー水栓オプション

吐水口部分にセンサーが内臓されており、
手や物の動きを感知して吐水や止水を
自動で行うことができる、便利な水栓金具です。

節水ができるので、とても人気があります。

実勢価格48,000円から。

浄水器専用水栓オプション ビルトイン型

スリムなアーチを描いた浄水器専用水栓
であり、タッチレス機能をプラスしているので、
蛇口に触れることなく吐水や止水ができます。

実勢価格45,000円から。

ガスコンロオプション

全口に安全センサーが搭載されており、
ファインコートトップとガラストップの2種類
から選ぶことができます。

IHヒーターオプション 

未遂両面焼きなどの機能性を
プラスすることで、より使い勝手の
良いIHヒーターとなります。

IHヒーターはオールメタル仕様なので、
全ての金属鍋に対応しています。

レンジフーオプション

加熱機器との連動機能など、
大変便利な機能をオプションで
取り入れることができます。

リクシル リシェルSTのサイズリスト

リクシル リシェルSTの各パターンの
サイズを、ご紹介いたします。

壁付きI型

奥行き:600o、650o
幅:1800o、1950o、2100o、2250o、2400o、2550o、2600o、2700o、2850o、3000o

壁付きL型
 
奥行き:600o、D650o 
幅:コンロ側1650o、1800o、1950o
シンク側 1800o、1950o、2100o、2,250o、2,400o、2,550o、2,700o

対面キッチン
 
奥行き:986o
幅:2,400o、2,550o、2,700o

センターキッチン
 
奥行き:970o、750o
幅:1,950o、2,100o、2,250o、2,400o、2,550o、2,700o


クリナップ 「ラクエラ」シリーズ

クリナップ 「ラクエラ」シリーズ

クリナップは日本のシステムキッチンにおいて、1番歴史が
ある
メーカーです。

長年の技術があり、業務用のキッチン設備としても
また、家庭用のシステムキッチンも充実しています。

価格的にもリーズナブルで、多機能なシステムキッチンが
揃っているといえます。

人気のサイズ、種類は

「ラクエラ」シリーズ I型 255センチ幅 開き扉です。

「ラクエラ」シリーズ I型 255センチ幅 開き扉 クリナップ

ビルトインコンロもついています。

このサイズでおおよその価格は22万円前後です。

195センチ幅も人気で、価格は少しお安くなります。

各家庭のキッチンの大きさに合わせてサイズバリエーション
はあるのでそこから選ぶことができます。


最近のシステムキッチンは、ネットショップでの注文も増え、
ネット上でシステムキッチンを調べられているメーカーとしては
クリナップが1番多いです。

クリナップの公式サイトでは「Webカタログ」が用意されているので、
どんな種類があるかを簡単に見ることができます。

また、カタログの無料請求も公式サイトからオッケーです。




ミッテ(TOTO)

システムキッチンTOTO ミッテ

2017年の注目、TOTOのシステムキッチン
「ミッテ」です。

今回紹介しているシステムキッチンの中
では、やや高級となる価格帯です。

エレガントプラン


この際思い切って贅沢をするなら、
エレガントプランがお勧めです。

水ほうき水栓

システムキッチンTOTO ミッテ 水ほうき水栓

広々洗えてサッと流せる水はねの
少ない幅広シャワーです。

洗い物をする空間が広いので、深くて
大きななべもくるりと回しながら洗えます。

そして洗い物に当たった水がパッと広がる、
ほうきのような幅広シャワー。

シャワーヘッドを伸ばせばシンクの内側も
手早く洗えてラクラクです。

参考動画

すべり台シンク

システムキッチンTOTO ミッテ すべり台シンク

「3」の傾斜でごみがすべり流れるよう
設計されています。

底に3度の傾斜を設定し、排水口をシンク内の
隅に寄せてあります。

野菜くずなどのごみが、すべり台をすべるよう
にスムーズに排水口へ流れていきます。

参考動画

センターラインキャビネット

システムキッチンTOTO ミッテ

フライパンを振りながら調味料をサッと
取り出し、さっと収納ができやすいなら
キッチンの実用性が上がります。

ポイントは使用頻度の高い物が上段へ
納められる工夫。

調理が一段とはかどりますから、料理も
楽しくできそうです。

背の高いびんなども収納しやすいように
上段の手前側へ収納できます。

その他のプラン


開き戸や取っての形状を選べるプランもあります。

クリックで拡大↓

TOTO システムキッチン ミッテの開き戸プランと取っ手の形状のプラン


ミッテのワンランク上には「ザ・クラッソ」
シリーズもあります。



TOTOシステムキッチン公式サイト


リクシル(サンウェーブ) サンヴァリエ リシェルシリーズ(「アミィ」シリーズ)

サンヴァリエリシェルシリーズ リクシル

リクシルのシステムキッチンの場合、もともとの
サンウェーブという会社と合併したものを引き
継いで新製品を出しています。

サンウェーブという名前は、昔からなじみのある方は
現在でもこちらのブランド名を探したりする方が
多いようです。

サンウェーブには「アミィ」というシリーズがあり、こちらが
大変人気でした。

このアミィシリーズを引き継いでいるのが、現在の
サンヴァリエ リシェルシリーズになります。

サンヴァリエ リシェルシリーズ I型

高級なタイプのシリーズとなり高額ですが、
バリエーションは豊富で、I型はもちろん、U型、アイランド型など
さまざまなタイプに対応しています。

現時点では、今までのリーズナブルタイプの「アミィシリーズ」
探すこともできるようです。

予算やキッチンの大きさなどを考慮して
選んでみてください。



パナソニック リフォムスシリーズ

パナソニック リフォムスシリーズ システムキッチン

パナソニックがランキング第3位となりましたが、
上位2メーカーとはそんなに差があるわけではありません。

新製品が出るような時期によっては、
パナソニックの方が人気をすることもあります。

パナソニックには「リフォムス」の他に、リビングステーション、
ラクシーナなどがあります。

一般的なI型のシステムキッチンはリフォムスが一番の
人気です。



 


以上おすすめメーカー4社をご紹介しました。

当サイトが取材において感じたのは、

トータル面においてはそんなに差がある
わけではないような感じがします。

どのメーカーも、ユーザーが使いやすいように
考え抜かれた機能や配置、導線等を設計に
いかしています。

もしかすると、「ちょっとした機能の差」で
購入のポイントは変わっているかもしれません。

例えば、クリナップのシステムキッチンが人気なのが

使いやすいと評判の
「アイエリアボックス」
だったりします。

クリックで拡大↓
「アイエリアボックス」

実際に使っている方に聞くと、

1つはキッチンペーパーや少しの調味料置き場に、
もう1つは食洗機に入れれない物の水切り用食器の
置き場として、他にもや調理中の食材が置けるので
キッチンが×2になったようなスペースができます!

といったような感想がありました。

クリックで拡大↓
「アイエリアボックス」

このような「かゆいところに手の届く機能」と言うのは
やはりまずは、実際にショールームなどに行って、

説明を聞き、その後購入はネットショップや店頭とで
比較してみるのが失敗のないシステムキッチンの選び方
たと思います。

他にもこちらのページでおすすめの
システムキッチンのメーカーや
製品を取材してご紹介しています。


ランキングと共にこちらの情報も
参考にしてください。

topに戻る

「システムキッチンのリフォームプラン」無料一括見積りサイトの活用方法

システムキッチンの買い替えなら、

「工事費も考えてリフォームプラン」

「複数の専門の業者さんに依頼」してみましょう!

※おすすめのシステムキッチン
無料一括見積もりサイトを
2サイトご紹介します。



「タウンライフリフォーム」


「システムキッチンの工事費も考えてリフォームプラン」を無料で一括依頼できるタウンライフリフォーム

上の画像の、
「タウンライフリフォーム」さんというサイトでは、

あらゆるリフォームに関する計画プランから
予算の見積もりまでが全国どこでもネット
から無料で依頼ができます。

信頼出来る複数の業者から選べる


1社だけの見積りやリフォームプランでは
少し心細い・・と思われる方、

その考えは正解なんです!

今の時代、リフォームをするなら少なくとも、
2,3社の業者さんから見積もりや計画プラン
をもらって比較するのは当たり前です。

「タウンライフリフォーム」さんでは、
複数の業者(3〜7社程度。お住まいの場所
によって違ってきます)からいくつの業者でも
複数選んで一括見積もりがとれるので、

価格やデザイン、インテリアセンスの比較

ができて、最終的に満足度の高い
システムキッチンのリフォームができます!

何回も申し込みの手順を踏む必要なし


「タウンライフリフォーム」さんなら
一回の申し込みで複数の業者を紹介してくれますし、

しかも、

「貴方のお住まいの近辺で専門業者」

が探せるのが利点です。

「システムキッチン」の買い替えのように、
設置工事を伴うお買い物の場合、
必ず業者さんに来てもらう必要が
ありますので、

近所の方が、もしもの時にすぐ来てもらえる、
なにか心配なことがあってもすぐ来てもらえる

ことができるので、何かと安心・便利なはずです。

すべて無料なので気軽にリフォームのアドバイスが受けられて見積りができる


「タウンライフリフォーム」さんの利用価値
として考えたとき、

もちろん「見積り価格の比較」ができる
点も優れているのですが、

オリジナルのアイデアやアドバイスが一括でもらえる

という点でも注目しておきたい
サイトです。

これらは「システムキッチンの購入で失敗
しない」為のアドバイスと言えるものです。

素人の一般方が、自分独自で決めて
しまうのは、精通している方とは違い、
何かと失敗率も高いものです。

もちろん、計画プランやお見積りは

すべて無料

となっています。

こういった便利サイトを使わない手は
ありませんね。

是非1度お試し下さいませ!^^



簡単な申し込み手順の御案内


1、

「タウンライフリフォーム」さんのページに
行ったら、

無料3分登録

と書かれた箇所がすぐに見つかりますので、

  • お住まいの都道府県を選択
  • お住まいの市区町村を選択
  • お住まいのタイプ

を選んでスタートボタンを押します。

2、

次のページで「リフォームご希望の箇所」
を「キッチン」で選択、

リフォームしたい内容

のところに「システムキッチンのリフォーム」他
詳しい希望があれば、どんどん書いて
いただければ大丈夫です。

さらに下のページに貴方が住んでおられる、

「●●県■■市△△区のリフォーム会社」

として、複数の業者が候補として
上がっていますので、

お好きな業者にチェックを入れてください。
(全部でも結構です)

3、

これで完了です!

あとは、メールで連絡が来るのを
待っていてください!



「リショップナビ」


もう1つのサイトは、

「リショップナビ」

というサイトです。

ネットでシステムキッチンリフォームの無料見積もりができるおすすめサイトリショップナビ

お住いになっている地元の
優良な業者さん数社から
無料の一括見積もりをとる
ことができ、

最安値の業者さんを見つける
ことができます。(全国対応)

「リショップナビ」の詳しくご紹介は
こちらのページをご覧ください。↓


TOPに戻る↑

激安格安で見つかるシステムキッチンの「展示品」

なんといってもシステムキッチンは,
住宅設備の中でも金額が張るものです。

かといって、 「中古」を買うのも、
いささか抵抗がある方もおられるでしょう。

どうにかして新品に近い物を激安・格安
で購入できないものか?

を考えたとき、おすすめできるのが

展示品のシステムキッチン

です。

実際に各メーカーや、システムキッチン
販売ショップにおいても、

展示品を1つの目玉として販売されている
お店も多くあります。

新製品や売れ筋ランキングと同様、
展示品のシステムキッチンもどんな
製品があるのかを参考にしてみてください。



TOPに戻る↑

システムキッチンのリフォームと合わせて考える「楽天リフォーム」

新しくシステムキッチンの買い替えを
考えるならば、

おそらくほとんどの方が「リフォーム」
としての工事も必要になってくる
場合が多いのではないでしょうか?

「システムキッチン本体だけを購入して
自分で設置」するというのは、

工務店や取り付け工事業者に
知り合いがいる、工事の関係者
のお家である以外は、

現実的では無い話です。

ですので、システムキッチンを新しく
手に入れるときは、

リフォーム工事も一緒に考えて、セットで安く上手に

購入できる方法がベストです。

楽天市場には、

「らくらく楽天リフォーム」

というコーナーが設けられています。

システムキッチンの工事リフォームらくらく楽天リフォームについて

このページならI型やL型のシステムキッチンを
リフォームとセットの価格で探すことができます。


  • 家電と住宅設備のジュプロ
  • リリパ
  • リフォームのリノコ

などのお店が有名でそれらの紹介も
されていますので是非参考にして
みてください。

※楽天リフォームページに入ったのち、
「システムキッチン」をクリック。↓




TOPに戻る↑

「材工諸共」システムキッチンの工事費と製品の価格相場は?

システムキッチンなど様々なリフォーム
の価格表示を見ていると、

「材工諸共」

と書かれている場合があります。

システムキッチンのリフォームの価格表示で材工共と書かれている場合

この表示は、「材料(システムキッチン本体)・
工事(設置費)・諸経費すべて含んだ価格」

という意味です。

セット価格にすることで、お得価格で
販売しますという意思の表れでも
あるのですが、

この表示価格の場合、

製品と工事費の内訳

がはっきりとわからないため、

  • 工事費が安いのか高いのか?
  • 本体価格が安いのか高いのか?

が判断できません。

そんな時は、「ある程度の相場」を知って
おくと、材工共の内訳もある程度理解
することができます。

一般的なシステムキッチンのリフォーム
での価格相場について詳しくご紹介して
いるページがありますので、

参考にしてみてください。↓


TOPに戻る↑

「ビルトイン食洗機」があるキッチンにしてみたい!


最近のシステムキッチンでの
「人気の機能」の1つと言えば、

ビルトイン食洗機

です!

お使いのキッチンにビルトイン食洗機が
付いていない方は、

据置型かビルトイン食洗機か?

でまずは考えてみるのがいいでしょう。

それによって、

  • 今使っているキッチンで据え置き型を使えるのか?
  • 今使っているキッチンにビルトイン食洗機を設置できるのか?
  • この際いっその事ビルトイン食洗機が付いたシステムキッチンに買い替えるのか?

といった選択がでてきます。

食洗機の解説ページに参考情報が
ありますので、ぜひご覧ください。↓


TOPに戻る↑

最新のシステムキッチン売れ筋ランキング

※ご紹介の記事は作成時時点での情報です。

   このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連のページ

システムキッチンのリフォームの費用は?上手な見積りや選ばれる人気メーカー
そろそろシステムキッチンの買い替えを考えている方に、知っておきたい上手なリフォームの手順について解説しています。
システムキッチン展示品で探すたった一つの簡単方法かなり格安で見つかる!
展示品が安い!高額なシステムキッチンは展示品を積極的に探してみよう。ではどこで探せばいいのか?について解説します。
システムキッチンのメーカー別価格や種類・特徴を深掘り
おすすめのシステムキッチンのメーカーをピックアップして価格や特徴をご紹介しています。
システムキッチンやビルトインキッチンの選び方・サイズ
システムキッチンの購入の際に考えておきたいこと・押さえておきたいこと。ビルトインキッチンの特徴など。
キッチンの歴史。日本で初めてシステムキッチンが登場したのは?
今はどこの家庭にも普通にあるキッチン。その始まりや昔のキッチンと今のキッチンの違いなどの、その歴史を覗いてみましょう。