足は第二の心臓といわれ、足の健康が重要であることの解説

発行者 ジョージがお届けします。

靴と足の関係足の健康の重要性と靴の影響その1

足が第二の心臓と呼ばれる理由

足は第二の心臓といわれています。

その理由は身体の血液の循環には足の筋肉が
大きく影響しているからです。


心臓からは一番遠い場所にあり、しかも心臓より
下にある足には重力に反して血液を循環させて
いるのです。

この足の筋肉や機能は、歩くことで
養われます。


しかも足で歩くことは体の3分の2の筋肉を
使用するので、これだけでも身体全体の
筋肉の使用でき、その動きが静脈を圧迫して
血液を心臓に送る機能を促進
します。

つまり心臓とよく似た働きがあるということです。

これが足は第二の心臓と呼ばれる理由と言えます。

では、次にこの重要な足が靴による影響を
受けるときの事例をご紹介します。

TOPに戻る↑

靴が足に負担をかけるときはどんな状況なのか?

先ほどの解説で、
足は第二の心臓ということをお話ししました。

人の場合、家の中にいる時間より外で動いて
いる時間が多い人がほとんどです。

その時に、足を守っているのが靴です。


外出時には靴を履いて、ケガや傷などから
守ってくれます。

しかし、場合によってはその靴が弊害になっている
場合があります。

靴で足を圧迫してしまうと、
血液の流れを阻害してしまいます。


靴が足に影響しやすい箇所
※靴が足に影響しやすい箇所

また、足の指を痛めたりします。

靴の選択を間違った場合は、
外反母趾や足の裏のたこ、膝や腰の痛み
頭痛などが発症します。

ですので、1日の間に長い時間履いている
靴の選び方はとても重要です。

次回は足のために好ましい靴を選ぶための
ポイントを考えていきましょう。

TOPに戻る↑



   このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連のページ

足に負担がない靴はサイズが影響する
日本の草履は足に負担が少ない代表的な靴。サイズが合わない靴は足に負担がかかります。
靴直しをして足のトラブルを改善に向かわせる
足のトラブルの実例と足に合わない靴を買い替えをして、足のトラブルから脱却させるためには。
靴選びにはここを押えておこう
靴を選ぶときの具体的なポイントがいくつかご紹介します。足にとって最も最適な靴選びのポイントを押さえておけば足のトラブルを回避することができます。
姿勢をよくする子供の靴の選び方
靴がもたらす人の足への影響は子供時代が特に関係が深いものです。姿勢を保つ、バランスを保つ足にいい靴について。