皮革の加工方法についてブライドルレザーの方法

発行者 ジョージがお届けします。

ブライドルレザーとはの加工方法や種類についての豆知識

ブライドルレザーとは

について解説します。


皮のなめし方・方法について

ブライドルレザーとは牛革にタンニンなめし
を行ったあとに、

蜜ロウ、タロウ、植物性油などのワックス
(ロウソクのロウみたいなもの)を、

最終段階でアイロンや手などで革の表面
に塗り込んだものです。

ランドセルのコードバンのように丈夫な
皮革です。

TOPに戻る↑

自然の素材 タンニンなめし

タンニンなめしは、自然の素材を
使う方法で、

有害物質を使っていないので環境に
やさしいなめし方です。

この技法は、昔からある技法で、
ものすごく手間がかかり、今では
あまり使われない技法ですが、

一部伝統を守るブランドや工場では
まだ使われており、昨今この技法が
見直されている感があります。

参考 エッティンガーの歴史 ブライドルレザー

TOPに戻る↑

使われている人気製品

ろうを染み込ま、丈夫で堅牢な革製品は
特にメンズに人気があります。

尻ポケットに入れても、そう簡単には
傷まない、型崩れも少ないという点で
長く愛用できるといった理由が人気の
秘密のようです。

参考 エッティンガーの財布 英国ロイヤルワラント刻印とブライドルレザー

TOPに戻る↑

   このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連のページ

皮と革の違い・特徴・種類等について
バッグや財布、小物や雑貨などに使われる素材、皮と革の違いや皮革の特徴についての知識や解説。
皮革の加工方法や種類について
バッグや財布、小物や雑貨に使われる皮を柔らかックするために行うなめしや染色方法などを解説しています。
皮革製品の仕上げ方法人工・天然皮革について
なめした皮を最終的に仕上げて製品化する方法。天然革と合成皮革、人工皮革の違いについて。