靴選びに抑えておきたいポイントとは

発行者 ジョージがお届けします。

靴選びにはここを押えておこう

靴選びに押さえておきたい4つのポイント

健康な足を維持するための靴選びは
次のポイントを抑えておきましょう。

下のような症状が出る靴は避けるべき!

1、つまずきやすい
原因・・・大きいすぎる、重い、ヒールが高い、底が厚い、つま先が尖っている。

2、すべりやすい
原因・・・靴底の縁が丸い、靴底・ヒールが狭い、つま先・ヒールが磨耗

3、よろめきやすい
原因・・・ヒールが高い、底が厚い、大きすぎる、固定性・屈曲性が悪い

4、疲れやすい
原因・・・足にあっていない、重い、靴底の適切な屈曲性がない

など。

症状が思い当たる方は、一度靴を見直して見ましょう。

靴選びにはここを押えておこう


TOPに戻る↑

靴の先端は丸いほうがいいのはなぜか?

突然ですが、皆さんの足の形を見て見てください。

踵よりつま先のほうが広いですよね?

足にあった靴と考えると、この形すなわち
足のつま先のほうが広い靴を履くことがベスト
だということがわかります。

しかし、多くの靴はつま先のほうが狭い
場合が多いです。

この理由ははっきりしていて、
靴の歴史をさかのぼると、欧州では
先端の尖った靴は高い階級の人が履いていた
ということが大きいのです。

ですから、先のとがった靴=いい靴という認識が
人の心の中に植えつけられているという
ことが考えられます。

実際につい最近までは、靴の先が丸く広い靴は
あまり売れなかったようです。

しかし、今日では靴を履くTPOを考えて、健康にいい靴を選ぶ
人がやっと増えてきました。

靴のオーダーメイドも多いようで、裸足で
紙の上に足を載せておいて、鉛筆で型を取ってから作られる
自分だけの靴ができるのもなども人気があるようです。

靴選びにはここを押えておこう

したがって靴選びでのポイントでは、

先の細い靴よりも先が丸くて大きい靴を選ぶのが
理に適っています。

女性などでどうしても、先の細い靴を履かないといけない
のであれば、できるだけそれ以外の時間では、

先が大きくなった靴を履く時間を増やすようにしましょう。


TOPに戻る↑

   このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連のページ

足は第二の心臓
足は第二の心臓と呼ばれます。それくらい足の健康は人全体の健康に関連しています。
足に負担がない靴はサイズが影響する
日本の草履は足に負担が少ない代表的な靴。サイズが合わない靴は足に負担がかかります。
靴直しをして足のトラブルを改善に向かわせる
足のトラブルの実例と足に合わない靴を買い替えをして、足のトラブルから脱却させるためには。
姿勢をよくする子供の靴の選び方
靴がもたらす人の足への影響は子供時代が特に関係が深いものです。姿勢を保つ、バランスを保つ足にいい靴について。