リフォームや新築でシステムキッチンを選ぶときのスタイルやサイズについて

発行者 ジョージがお届けします。

システムキッチンとビルトキッチンの選ぶ基準やポイント

システムキッチンやビルトキッチンの選び方

について、基本的なポイントをご紹介します。

ここではいくつかのテーマで、キッチンについて
のあらゆる思いを書いていきます。



システムキッチン(ビルドインキッチン)の特徴や選び方のコツ

選択肢が大幅に広がったシステムキッチン


住宅の間取りには必ずといっていいほど
キッチン(DK)が存在します。

システムキッチンイメージイラスト

お料理を作る場所、そして最近では
色々な種類の調理家電が集まる
場所のひとつですね。

そういった意味でキッチンは使用頻度が高く
とても重要な住宅設備のひとつです。

システムキッチンは一昔前では、
さまざまなメーカーから発売されていました。

日本のメーカーは毎年新作が発表
されていましたが、現在は一部の
限られたメーカーになっていますが、

現在ではデザイン・機能ともにラインナップ
は意外と豊富です。

キッチンの色・素材・デザインも細かく
選ぶ事が出来ますから、

ほぼ理想のキッチンを規格内でも
再現する事が出来ます。

システムキッチンが多種多様かする
理由として、キッチンは昔のように
「女性の城」ということはなく、

男性も積極的にキッチンに思いを
寄せています。ですので、カップル
共々が過ごす部屋ということで、

  • 利便性・実用的
  • インテリア感
  • 居心地感
  • 家族団らん感

が重視されるようになり、システム
キッチンもそれに合わせて進化して
います。

ある意味「食」が見直されてきた
ということだと思います。

利用する家族の生活スタイルに合わせた
キッチンをしっかりと検討していく事が
大切です。

寸法のオプションが増えた


システムキッチンは各メーカーでも
大きさが異なってきます。

将来も同じ寸法のモデルが発売される
かは定かではありません。

しかし、最近はキッチンの多様化に伴い、
ビルトインキッチン、すなわちビルトイン
タイプの家電が設置できるシリーズも
寸法の選択肢が増えています。

※現在では様々な調理家電が誕生している


現在でもキッチン家電は進化し続け
さまざまな機能を搭載した製品が
発売されており、

システムキッチンと併せてより快適で便利な
キッチン空間を作り上げる事が出来るように
なりました。

たとえばビルトインキッチンです。

では次にビルトインキッチンについて詳しく解説しましょう。

システムキッチンや調理家電で効率化が進む


ビルトインキッチンとは、キッチン家具と
機器の基本寸法を合わせビルトインが
可能なシステムということです。

食洗機ガスコンロがそれに当たります。

あらゆるメーカーで基本寸法の選択肢が
いくつか用意されていて、キッチン機器を
交換する際は、ビルトインにできるよう
都合のよい寸法に交換する事が出来ます。

ビルトイン家電や調理器具


システムキッチンに付随するビルトイン家電は
どのような状況なのか?

例を挙げると、ビルトインのガスコンロなどはこうです。

ビルトインガスコンロ

※システムキッチンではビルトインガスコンロが調理効率をぐんとアップさせます。

1、まずは天板(トップ)の大きさを調べる・選ぶ

近頃は機種も多くどれを選んだらよいのか迷うところです。
まず天上の大きさが75cmのタイプと60cmのタイプどちらを
選ぶかでしょう。

75cmのタイプは鍋と鍋の間が広くとれますので同時調理には
向いています。反面調理スペースが15cm取られますので、
全体の均衡を考える事も不可欠でしょう。

2、次に天板(トップ)の材料を決めます。

天板(トップ)の素材ですがガラス、フッ素
処理、ホーロー、ステンレス鋼があります。見た目もお掃除の易いさから
言えば、ガラストップ(リンナイ、ハーマンから発売)が1番ですが
お代金が少し高めです。

販売結果を見てもガラスが70%を
超え大多数になったようです。

トッププレートの表面素材に付きましては
流行があるようです。

ステンレス鋼、ホーロー、フッ素コート、ガラストップ
というように。

これからは、お手入れと耐久性にとても優れて
いることから、 ガラストップの要望が一段と
高まってきそうです。

ガラスコートは、
ガラストップのよさをも兼ね備えている
と考えていいです。

つややお手入れの容易さなどもです。

また、お代金がガラストップに比べて安いのも
長所だと思います。 ただ、ガラストップは素材が
ガラスなのに対して、

ガラスコートは ホーローの天板にガラス質の
塗装をしたものですから、 実物のガラスの
耐久性にはかないません。

トッププレートの素材の長所短所を下記に
まとめたショップがあるのでご参照下さい。



↑そのほかにも機能などについても解説されています。


このようにビルトインキッチン(システムキッチン)は
多種多様化しています。

一見、面倒にも思えますが、1度取り付け時に、
工事を頼めば、あとは使い勝手が非常によくなる
ので、安い買い物となる可能性大です。

ショールームでは、さまざまなプランが
展示されているので、一度展示会
などに足を運ばれると良いかと思います。

工事費も重要


ショールームでは、システムキッチン本体
を見ることが中心となります。

そのため、ショールームの営業マンに
勧められるまま、本体を決めてしまい、

ついうっかり設置工事の事を忘れて
しまっている場合も多くあります。

後から「意外と高くついた工事費」
で後悔することがないように、

実際にシステムキッチンの購入・設置
やリフォームを行う場合は、見積り比較
することは、賢いシステムキッチンの設置
においてとても重要です。

参考にこちらのシステムキッチンのリフォーム
についての業者選びのコツや比較方法
などの解説を必ず参考にしてみてください。↓


こういった設置業者ではもちろん本体込み
でのバリュー価格(割安価格)で比較する
ことができるので、

価格が一目瞭然で分かりやすいのがメリットです。

ショールームではキッチンの機能やデザインの
参考情報を入手して、できれば設置工事
共々の見積もりを作ってもらい、

それを比較する為にネットを使ってさらに
業者比較することで、購入・設置費用を
抑えることができます。

TOPに戻る↑

システムキッチン設置に注意したい高さ寸法

システムキッチンを選ぶ基準として、
大事なポイントをお伝えします。

キッチンは料理をする方にとっては、
毎日のように使用する場所ですから、

作業がしやすいキッチンを選ぶ事は
非常に大切です。

家庭に限らず、料理店などの厨房でも
同じことです。

業務ならなおさら従事時間が長いので
その重要度は増してきます。

その際に特に重要になってくるのは、
キッチンの高さです。


キッチンでは、食べ物の調理から後片付け
までの間、野菜の水洗いから食器の洗浄
までシンクを使用する時間は非常に長い
ものです。

システムキッチンの高さと身長の関係

シンクにて、食器などを洗ったりする際は
腰を少しかがめた状態でその姿勢を
長時間固定する事になります。

この作業は腰に思った以上に負担を
掛ける事となります。

シンクを使用している際に腰に痛みが
発生する原因は、シンクが低すぎる
事などがあります。

体への負担を軽減させ楽しく料理
するためにも、

キッチンを選ぶ際には自分の身長に
合わせた高さのシンクを選ぶ必要が
あります。


JISの規格では80、85、90、95cmと5cmずつ、
高さを選択できるシステムとなっています。


JISの規格では(身長) ÷ 2 + 2.5 cm = (基準高さ)により、
身長に合わせたシンクの高さを計算できます。

しかし、JISの規格では包丁を使用し食物を調理する
際を基準として高さを計算しているため、

シンクを使用する際のベストな高さとは少し異なってきますし、
個人差もございますのでショールームに赴き実際に
体験してみることが必要となってくるでしょう。

TOPに戻る↑

システムキッチンの売れ筋メーカーやランキングをチェック!



※ご紹介の記事は作成時時点での情報です。

   このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連のページ

システムキッチンのリフォームの費用は?上手な見積りや選ばれる人気メーカー
そろそろシステムキッチンの買い替えを考えている方に、知っておきたい上手なリフォームの手順について解説しています。
システムキッチン展示品で探すたった一つの簡単方法かなり格安で見つかる!
展示品が安い!高額なシステムキッチンは展示品を積極的に探してみよう。ではどこで探せばいいのか?について解説します。
システムキッチンのメーカー別価格や種類・特徴を深掘り
おすすめのシステムキッチンのメーカーをピックアップして価格や特徴をご紹介しています。
システムキッチン人気ランキング!2018〜2019〜やおすすめメーカー価格
リクシルやクリナップなど人気のシステムキッチンの最新ランキングやシステムキッチンの選び方などの解説。工事費込み・激安価格も掲載しています。
キッチンの歴史。日本で初めてシステムキッチンが登場したのは?
今はどこの家庭にも普通にあるキッチン。その始まりや昔のキッチンと今のキッチンの違いなどの、その歴史を覗いてみましょう。